日傘の黒と白の違いとは?!


夏の紫外線予防に人気アイテムとして使われている日傘
最近ではさまざまな種類・色が出てきてますよね。

日傘 黒 白 違いその中でい日傘とい日傘の違いをご紹介します。

まず黒い日傘は紫外線を吸収し、紫外線が肌に届く前にカットしてくれる
といいます。
そのため、紫外線カット率は白い日傘より黒い日傘の方がいいと言わせてます。

そして、黒い日傘は内側で紫外線を吸収することで、照り返しもカットしてくれるそう。

しかし、日傘内が赤外線吸収により熱くなるようですあせあせ(飛び散る汗)
見た目が白と違い、黒は暑いイメージを持たれがち…という難点もありますね。

一方白い日傘は、おもに紫外線を反射することにより、
紫外線をカットしてくれます。
ここが黒い日傘と大きく違いがでますexclamation×2

黒い日傘=【吸収】
白い日傘=【反射】


と覚えておくといいと思います。

白い日傘は反射のため、照り返しが防げないと言われています。
しかし、やはり黒い日傘と違い、見た目がとても涼しげなのがいいですよね。

このように黒と白では、効果が全く違ってきます。
しかし、どちらともいえるのは、100%紫外線カットは出来ません晴れ
日焼け止めクリームを必ず塗って使ってください。

しかし、夏の日差しをまともに受けてしまうのは
絶対に避けてほしい
ものなので、
用途に合わせて使い分けるなどして、日傘はやっぱり必要ですよね。

余談ですが、日傘の紫外線カット効果はだいたい2〜3年だそうなので、
定期的に買い換えてくださいね。


posted by カントリー雑貨 at | 季節もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



スプレッドで比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。